ブリス

ブリスの注文住宅について、特徴・口コミ・評判を集めてみました。狭い土地へのマイホーム建築を考える人や初めてのマイホーム購入で迷っている人は、ぜひご一読ください。

狭小(きょうしょう)住宅の年間建築数240棟越えのブリス

15坪の土地への建築にも対応してくれる

ブリスは、15坪(50平方メートル)以下の小さな土地への住宅建築を得意とする建築設計事務所です。年間300棟以上のうち、約240棟が狭小住宅という実績を持っています。

都心部は土地の地価が高く、面積も狭くなりがちです。そのような土地への建築を得意とするので、「土地が狭すぎて通常の建築設計会社への依頼ができない」と悩んでいる人へオススメの会社といえます。

光熱費0円住宅?!驚きのエコ住宅を提供してくれる

ブリスでは「小さなエネルギーで快適に暮らす」をテーマにした「光熱費0円住宅」を提供しています。外気の影響を受けにくい高断熱・高気密性や太陽の光を蓄えて電気として使うことができる太陽光発電など省エネに特化。家庭にも環境にも優しい家づくりをしてくれるのです。

セミオーダー式の注文住宅のため、住宅設備や建材を厳選すればコストを抑えて建築することができます。

OB宅訪問で建築後の住んでいるイメージが湧きやすくなる

ブリスでは、建築したお客さんの家へのOB宅見学をすることができます。モデルルームやショールームだけでは住むときのイメージが浮かびにくいもの。

しかし、実際に人が住んでいる家を見れば、生活感や部屋の使い方を参考にできるので、よりマイホームを建てる際のイメージが湧きやすくなるはずです。さらに、住んでいる人から直接、マイホーム建築についてのアドバイスを聞けるのがうれしいところです。

ブリスの口コミ評判は?

スタッフの対応が良くて安心して任せられる

スタッフの対応がとても良い会社です。工事の内容を丁寧に分かりやすく説明をしてくれます。工事中にどうしても発生してしまう騒音に対して、近所への声かけといった対策をしてくださりとても助かりました。仕上がりも期待していた以上に素晴らしくて満足しております。

他の会社に比べてブリスが良かった

ブリス以外でもリフォームの見積もりを出していたのですが、担当者の対応が良くてこちらに決めました。見積もりのほか、リフォーム内容や期間などこちらの希望する通りに進めてもらえて良かったです。あまり、口コミや評判を聞かない会社だったので心配な部分もありましたが、担当者の対応を見て信頼できる会社だと思いました。やはり実際に会ってみないと良い・悪いは分からないですね。

水回りのリフォームを依頼した

バス・トイレなどの水回りをリフォームしたくて良い会社がないか探していたときに、知り合いからブリスを勧められました。打ち合わせをしてみて、予算内でリフォームができると分かりすぐに依頼。作業時は水回り以外の箇所が汚れたり破損したりしないようにマスキングしてくれましたし、後片付けや掃除もキレイにしてくれて問題なく終わりました。今後も機会があれば利用したいと思います。

ブリスの特徴・サービス

狭小住宅に豊富な実績をもつ設計会社

ブリスはわずか15坪以下の狭小住宅を年に240棟手掛けている実力派。他社で断られてしまった、または難しいと言われてしまった場合でも相談できます。

また、小さなエネルギーで快適に暮らすことをテーマにした、エコな省エネ住宅の提供にも定評あり。環境にやさしい家を提案してもらえます。

ニーズに対応できる事務所を選ぼう

注文住宅は理想通りの仕上がりを期待したいものですが、納得のいく結果を求めるには事務所選びが大切。設計事務所や工務店をチェックし、ニーズに応えてくれるかチェックするようにしましょう。

16社を見て分かった世田谷のモデルルームを見る>>

施工事例

L型の狭小地に対応した家

敷地面積:52.77m²

規模:3階建ての狭小住宅

ブリスの施工例
引用元:株式会社ブリス
(https://bliss-d.com/construction/L字土地の狭小住宅.php)

間口が1.7メートルしかないL型の特殊な狭小地ながら、圧迫感を感じさせないアイデアをたくさん盛り込んだ住宅です。外観はホワイトに縦スリットサイディングで、特殊な形状ながらすっきりおしゃれな印象に仕上げています。

内装はホワイトとナチュラルウッドでまとめた明るいデザインで、間口の狭さを感じさせません。階段の踊り場床面に光を通す素材を使い、階上の自然光を下まで届けているのも解放感につながるアイデア。グリーンのさわやかなアクセントカラーも、おしゃれでひろびろしたイメージを生み出しています。

黒の高級感と白の解放感を組み合わせた家

敷地面積:38.49m²

規模:3階建ての狭小住宅

ブリスの施工例
引用元:株式会社ブリス
(https://bliss-d.com/construction/ガルバリウム鋼板の狭小住宅.php)

高級感のあるブラックのガルバリウム鋼板は、凸凹の少ない横梁にすることで縦長の外観とバランスを取っています。狭小住宅ながら、圧迫感を与えないおしゃれな外観に仕上がりに。コの字に見えるバルコニーの配置も良いアクセントになっています。

玄関ドアを入れば外観とは一転して、ホワイトを基調としたさわやかな内装デザイン。建具や階段、手すりなどもホワイトに統一することで、広々した視覚効果を実現。ダクトレールや照明器具までホワイトにこだわることで、狭小住宅の圧迫感を解決しています。

解放感とゾーニングを両立した大きなLDKの家

敷地面積:62.10㎡

規模:3階建ての狭小住宅

ブリスの施工例
引用元:株式会社ブリス
(https://bliss-d.com/construction/都心に住みたい!を叶えた狭小住宅.php)

ひとつなぎの大きなLDK空間は、ホワイトベースとしながらリビングにブルーのアクセントを配置。同じフロア内でも印象を変えることで、空間の役割をハッキリさせています。明るいパステルカラーなら、広い面積に使っても圧迫感を覚えさせません。

キッチンスペースはブラックの面材をチョイスしていますが、リビングからは同時に見えないためバランスも問題なし。ワンフロアのオープンキッチンも素敵ですが、キッチンは生活感が見えやすいため程よい距離感があるとバランスを取りやすくなります。

効率的な間取りで気兼ねなく過ごす二世帯の家

敷地面積:64.32㎡

規模:3階建ての狭小住宅

ブリスの施工例
引用元:株式会社ブリス
(https://bliss-d.com/construction/ルーフバルコニーのある二世帯狭小住宅.php)

レンガ調のおしゃれな外観の屋上には、外から見えないプライベートなルーフバルコニーを設置。土地の関係で庭の確保が難しい都会ながら、家族で楽しめる憩いのスペースとなっています。無理に庭を確保することなく、駐車場を確保できるのもうれしいポイントですね。

ご両親と同居する二世帯の間取りながら、洗面やお風呂をそれぞれに備えた気兼ねの無い間取りを実現しています。スムーズな仕事ができる書斎部屋や、床面積を活用できるロフト空間など、狭小地のデメリットに対応する工夫が満載です。

空間を無駄にしないアイデア満載の家

敷地面積:48.21㎡

規模:3階建ての狭小住宅

ブリスの施工例
引用元:株式会社ブリス
(https://bliss-d.com/construction/勉強カウンターのある狭小住宅.php)

廊下をただの通路とせず、幅を広げて使い勝手の良いデスクスペースとして活用しています。場所を取りがちな勉強机のスペースを省略できる、狭小住宅ならではのアイデア。自然光が入る横長のスリット窓も、自然と机に向き合う気持ちにさせてくれそうです。

階段周りにはトイレや収納スペースなどを配置し、デッドスペースになりがちな空間も有効活用。収納が不足しがちな狭小住宅ではぜひ取り入れたい間取りとなっています。各部屋の照明に、出っ張りの無いダウンライトを使用している点も、圧迫感を生まない工夫です。

巧みにスペースを使った狭小住宅

敷地面積:60.42m2

規模:3階建ての狭小住宅

ブリスの施工例
引用元:株式会社ブリス
(hhttps://bliss-d.com/construction/明るい狭小住宅.php)

ブリスの会社情報

住所 東京都文京区湯島3-36-3
営業時間 9:30~18:00
定休日 水曜日
ショールーム・モデルハウス 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3 横浜ホームコレクション内
保証・アフターサービス
  • 1年、5年、10年点検無償
  • 痂疲担保責任保険
  • 住宅完成保証
  • 地盤保証
  • シロアリ保証
  • FRP防水保証