狭小住宅の住み心地について

狭小住宅の住み心地メリット

光熱費が抑えられる

狭小住宅のメリットは、生活空間が家の中央に集約しているため、無駄な空気の流れがなく光熱費を抑えられる点です。実際に、マンションから移り住んだご家庭では、夏場の電気代が約半分になったという例がありました。

また、トイレやシャワーなどの水回り設備にも、最新の節水タイプが導入されています。そのため、水道代の支払いもマンションの時からほとんど変わっていないとのこと。狭小というだけでなく、高断熱高気密・最新設備にこだわった戸建て住宅だからこその、高い省エネ性能を発揮しているとも言えるでしょう。

環境が良い

家を建てる際、立地を優先するか理想の家づくりを優先するかは悩みどころです。土地が広ければ広いほど、思い通りの設計ができる可能性は高くなります。しかし、駅近や人気のエリアなどの立地にこだわると予算がオーバー…。そんなとき、思い切って立地を優先して、限られた土地の中に家を建てる方法をとるのも一つの手です。

都心に家を構えることは、通勤や休日の利便性が上がるだけでなく、憧れの街に住んでいるというステータスにもなります。しかも、戸建てなら上下階の騒音に悩まされることもありません。快適な住環境を享受できます。

価格が安い

狭小住宅のもっとも明確なメリットは建築費が安く済む点です。決められた土地の中に住宅がコンパクトにまとまっているので、壁や床も必要最小限の材料で仕上げることができます。

また、狭小住宅が建つ土地は、正方形や長方形などの整形地に近いことが比較的多いです。大きな土地を切り分けて売り出す場合が多いので、形がいびつな土地はあまり出ないのです。土地の形が整っているので、建材に凝った加工が必要なく、結果として建築費を抑えることができるのです。

狭小住宅の住み心地デメリット

隣の家が丸見え

狭小住宅にはデメリットもあります。小さな土地いっぱいに家を建てるため、隣の家との距離が近い点です。注文住宅ではつい理想の間取りを優先しがちで、気づいたら隣の家が丸見えだった…というケースもあります。窓の位置が隣家と干渉しないよう、設計士さんと相談しながら家づくりを進めることで回避できる場合もあります。

階段の上り下りが大変

狭小住宅は3階建て以上の場合が多く、日常生活で階段の上り下りは必須です。毎日の繰り返しで慣れてきますが、疲れることには変わりありません。また、足腰が弱いお年寄りには辛い環境であると言えるでしょう。

狭小住宅の住み心地まとめ

狭いけど…一戸建てはやはり良い!

憧れのマイホーム購入にあたり、何を優先するかは人それぞれ。中でも、都心に家を持ちたいと考える人の多くが、予算内に納めるための工夫としてコンパクトな土地を選んでいます。マンションとは違った自由な住み心地が、毎日の暮らしに彩りをもたらしてくれることでしょう。