建てるまでの期間

自分でゼロからプランニングする注文住宅。実際にどんなことをして、どのくらいの期間を要するのかわからないことがたくさんあるのではないでしょうか。ここでは家が完成するまでにかかる期間や、スケジュールなどをまとめています。

注文住宅が完成するまでの期間

施工スケジュール注文住宅で家を建てるとき、建てる人の都合によって期間は異なりますが、一般的に1年~1年半ほどでできるようです。予算決めから地鎮祭までに半年~1年。工事開始から終了までに約4ヶ月ほどかかります。設計事務所に相談することから、住宅会社探しやプランの提出、地盤調査など工事終了までの間にやるべき項目が数多くあるため、着工までに1年くらいはかかると考えておいた方がいいでしょう。

注文住宅を建てる際にはどうしても自分のこだわりを家づくりに取り入れたいもの。設計に関する話し合いが長くなってしまうケースもあるでしょう。少なくとも工事には4ヶ月ほどかかると見ておき、余裕を持って業者と話し合いを行い、スムーズに工事に取り掛かれるようにしましょう。

家作りのスケジュール

家作りを行う際のおおまかなスケジュールをまとめています。工事開始を基準としてどのくらい前から着手すると良いかも記載しているので、これから家を建てる方はぜひ参考にしてくださいね。

  1. 予算決め(6~15ヶ月前)
  2. 敷地決め(4~9ヶ月前)
  3. 住宅会社探し(4~6ヶ月前)
  4. プラン作成依頼(4ヶ月前)
  5. ヒアリング(3~4ヶ月前)
  6. プランの提出(3ヶ月前)
  7. 仮契約(2~3ヶ月前)
  8. 地盤調査(2~3ヶ月前)
  9. 打合せ(2~3ヶ月前)
  10. 詳細見積り提出(2ヶ月前)
  11. 本契約(1~2ヶ月前)
  12. ローンの申し込み(1~2ヶ月前)
  13. 建築確認申請の提出(1ヶ月前)
  14. 最終仕様の決定(3週間前)
  15. 解体工事(3週間前)古家がある場合のみ
  16. 地鎮祭(1週間前)
  17. 基礎工事(着工)
  18. 上棟(1~2ヶ月)
  19. 完成(着工後4ヶ月)
  20. 住宅ローンの融資実行、登記(着工後4~5ヶ月)

完成させたい時期が決まっているのであれば、その時期に合わせて逆算してスケジュールを進めなければなりません。もし、新しいシーズンが始まる4月から新しい家に住みたいなら前年度の2月頃には設計事務所へ相談しにいく必要があります。土地探しや設計事務所選びはスケジュールの中でも意外と時間がかかる項目です。

インターネットや雑誌、ネットなどで早い段階からチェックしておきましょう。なかなかスムーズに進まないこともあるかもしれませんが、焦らず1つひとつ納得したうえで進めていくことが大切ですよ。